クリニックのご紹介クリニックのご紹介クリニックのご紹介

院長ご挨拶

皆様こんにちは。私は39年間にわたり北里大学病院腎臓内科に勤務し2015年3月に定年退職致しました。
臨床医として円熟した時期に診療から離れることは大きな損失と考えて小田急線相模大野駅前にクリニックを開設致しました。
北里大学病院で長年培った経験と知識を生かして、皆様の健康増進のお役に立ちたいと存じます。 
近年の内科疾患や腎臓病の診断・治療の進歩は目覚ましく、急性の病気のほとんどが治癒を望めます。また、慢性の病気を持っていても健康人に近い日常生活を送ることが可能になっています。病気を上手に管理するには、正しい診断と病態(病気の成り立ちと現在の状態)の理解がとても重要です。同じ診断名でも、病気の様子は個人ごとに異なります。お一人お一人の病気を、それぞれに異なるものとして理解する必要があります。私は、皆様の病気の診断と病態の理解に全力を注いでまいります。診断と病態を正しく理解すれば、最も良い治療方法は、おのずと決まります。

急性の病気の診断と治療では、医師の技量に依存するところが大です。 一方、慢性の病気の治療では、患者さんの病気への理解が治療効果に大きな影響を与えます。この点を踏まえて、慢性の病気の方には、皆様の病気について私が理解したことを、分かりやすく、ご理解頂けるまで丁寧にご説明を致します。 医師と患者が共通の理解に立って治療に取り組むことで、高い治療効果が得られることを何度も経験してまいりました。 この良い治療経験を皆様と共に重ねてゆきたいと思います。

病名が分からない方、自分の病気の状態が分からない方、治療にどう取り組んで良いか分からない方のお役に立てると思います。 ぜひ一度、相模大野内科・腎クリニックをお訪ねください。

鎌田貢壽

相模大野内科・腎クリニック
院長 鎌田貢壽
(かまた こうじゅ)

当院の診断と治療の方針

内科外来
  • 正しい診断、病気の深い理解をめざします。
  • 急性の内科疾患すべての診断と治療を致します。
  • すべての腎疾患の診断と治療を致します。  当院で最終診断名が得られない場合には、
    北里大学病院腎臓内科と連携して診断・治療を致します。
  • 慢性病の維持治療は、腎臓病、高血圧、心臓病、血管病、循環器疾患、膠原病、血液疾患、
    内分泌疾患、代謝疾患、呼吸器疾患などを主に、すべての内科疾患に対応致します。
  • 腎機能障害、腎不全の方の妊娠・出産を支援いたします。

血液透析外来

  • 長期にわたり合併症を発症させない慢性維持血液透析をめざします。
  • 日常生活への復帰、社会生活への復帰をめざす治療を行います。
  • 全身の身体機能を向上させる治療を行います。

当院で対応可能な状態と検査値異常

当院で対応可能な状態と検査値異常

原因不明の症状や検査値異常について、その原因を明らかに致します。
次の異常については、原因を診断し、急性期治療から慢性期治療までを行います。

症状・状態:
血尿、浮腫、高血圧、腎機能障害、急性腎不全、慢性腎不全、慢性心不全、透析療法を必要とする慢性腎不全、その他の原因不明の症状。

検尿異常:
蛋白尿、血尿(潜血)、白血球尿、NAG高値、β2MG高値。

血液異常:
貧血、血小板数異常、白血球数異常。

血液生化学:
総蛋白値の異常、アルブミン値の異常、尿素窒素高値、クレアチニン高値、尿酸値異常、ナトリウム値の異常、カリウム値の異常、カルシウム値の異常、リン値の異常、コレステロール値の異常。

免疫血清検査:
IgG, IgA, IgM の異常、 補体C3, C4, CH50 の低値、抗核抗体陽性、種々の抗体検査の異常

当院で対応可能な疾患

糸球体腎炎、IgA腎症、膜性腎症、膜性増殖性糸球体腎炎、巣状糸球体硬化症、微小変化型ネフローゼ症候群、尿細管間質性腎炎、紫斑病性腎炎、感染性腎炎

SLE, ループス腎炎、シェーグレン症候群、強皮症、混合性結合織病、関節リウマチ、サルコイドーシス、IgG4関連疾患、その他の膠原病の腎障害

顕微鏡的多発血管炎、好酸球性肉芽腫性多発血管炎(EGPA, チャーグ・ストラウス症候群)、肉芽腫性多発血管炎(GPA, ウエーゲナー肉芽腫症)、結節性多発動脈炎

抗リン脂質抗体症候群、クリオグロブリン血症性血管炎

糖尿病、痛風、多発性骨髄腫、アミロイドーシス、その他の蛋白、脂質、線維沈着症、

腎炎、腎機能障害、腎不全の女性の妊娠と出産

鎌田貢壽

腎疾患、腎機能障害(腎機能70%以下)をお持ちで妊娠・出産を希望される方は妊娠前に受診してください。既に妊娠されている方は、早急な受診をお願い致します。

院長動画メッセージ

院長略歴

昭和51年〜56年 北里大学病院で内科、腎臓内科を研修
昭和56年〜58年 北里大学医学部内科学研究員
昭和58年~60年 マサチューセッツ総合病院病理部研究員
ハーバード大学医学部病理学研究員
昭和60年 北里大学医学部内科学講師
昭和63年 北里大学病院腎センター主任
平成 5年 北里大学病院腎センター部長代理
平成11年 北里大学医学部助教授
平成15年 北里大学病院腎臓内科科長
平成18年 北里大学医学部教授
平成24年 北里大学病院内科部長
北里大学病院血液浄化センター部長
平成27年3月 北里大学医学部定年退職
平成27年4月 相模大野内科・腎クリニック院長
専門医、指導医

日本内科学会認定 内科専門医、指導医
日本腎臓学会認定 腎臓専門医、指導医
日本透析学会認定 透析専門医、指導医

社会活動

神奈川腎研究会会長 平成16年~平成26年
神奈川県透析施設連絡協議会理事、副会長 平成8年~現在
神奈川県慢性腎臓病対策連絡協議会委員 平成24年~現在
神奈川腎炎研究会世話人 平成13年~平成26年
関東腎研究会幹事 平成7年~平成27年

Best Doctors®, Inc.よりBest Doctors in Japan 2014-2015に認定

クリニックのご案内

クリニック概要

名称 相模大野内科・腎クリニック
院長 鎌田貢壽
所在地 神奈川県相模原市南区相模大野3-13-15 第三タカビル4階
TEL 042-705-5575
診療科目 腎臓内科
人工透析
一般内科
診療受付時間 9:00~18:00
クリニックのビル入り口
クリニック入り口
エントランス(受付)
待合室
診療室
透析ルーム

PAGE TOP